お知らせ

弁護士をつける必要性

第五条 事件の関係人は、自身出頭しなければならない。但し、やむを得ない事由があるときは、代理人を出頭させ、又は補佐人とともに出頭することができる。

2 弁護士でない者が前項の代理人又は補佐人となるには、家庭裁判所の許可を受けなければならない。

3 家庭裁判所は、何時でも、前項の許可を取り消すことができる。